プロに見てもらって伸びる|社会保険労務士の講座で勉強|コストをかけずに将来に役立つ知識
女の人

社会保険労務士の講座で勉強|コストをかけずに将来に役立つ知識

プロに見てもらって伸びる

作文

家にいながら頑張れる

資格試験を目指していると、小論文科目の対応に困ることがあります。小論文は、回答が一つではないため、自分で模範解答を確認しても、自分の答案がどれほどの点数を得られるのかわからないことも多いです。また、言葉の表現方法や文章の構成をより良くするためのアドバイスは、第三者から受けたいものです。そこで、人気となっているのが、小論文の添削サービスです。特に、家で書いたものを郵送すれば、添削して返してくれるサービスが人気を集めています。こうした通信制のサービスの魅力は、家にいながら本格的なプロの添削を受けられるところにあります。社会人は、仕事や家事など時間の制約が多いため、隙間時間に自宅で勉強する需要が高く、通信サービスが合っているのです。

返ってきたら見直しを

通信制の添削サービスを使うときは、答案が返ってきたらじっくり見直しをすることが大切です。書いて終わりにするのではなく、第三者の目で客観的に添削された文章を見直すことで、小論文の力がついていくからです。小論文対策は、たくさんの課題を書いてみることも大切ですが、書いたものを分析する作業もとても重要になります。時間が少なく、最初から最後まで書ききった小論文の数が多くなくても、しっかり分析すればみるみるうちに実力を上げることができます。小論文の添削サービスにおいて、添削者はその道のプロです。そのため、答案用紙に書かれた指摘は文章力を上げていくうえで意味のある言葉ばかりなのです。添削サービスによっては、添削の意味が分からなければ電話対応を受け付けているところもあるので、積極的に利用しましょう。